薄緋色の衝動

構築記事・日記など

S26使用構築 猪突猛進ムゲンカグヤ【最終432位】

f:id:bluewhale_1998:20220201125057p:plain

  • はじめに

こんにちは、青井くじらです。今期もダメでしたが、記録として簡単に残しておこうと思います。

 

  • 構築経緯

f:id:bluewhale_1998:20220201125839p:plain
ザシアン軸に対して後手に回らない禁止伝説を使おうと考え、優秀な技範囲と対面性能を有するムゲンダイナを使ってみることにした。一貫した行動をとりやすく、足りない火力を補えるメテオビーム型。

f:id:bluewhale_1998:20220201130658p:plain
ムゲンダイナと補完がとれている駒として採用。特殊受けを崩せそうで、ダイマックス性能の高い物理珠型とした。

f:id:bluewhale_1998:20211231165311p:plain
上記のアタッカーを展開するうえで初手役が欲しかったので襷ステロランドロスを採用。

ここまでの3匹を基本選出として考えた。

f:id:bluewhale_1998:20211201101011p:plain
上3匹がダイマックスドラパルトで崩壊するため、ドラパルトとダイマックスの打ち合いで勝て、ザシアン軸に通せる駒として、使い慣れている嘴サンダーを採用。

f:id:bluewhale_1998:20210601085529p:plain
ここまでで受け寄りの構築に対する対抗策がないため、2枚目の初手要員を兼ねて使い慣れているカムラミミッキュを採用。

f:id:bluewhale_1998:20220201131516p:plain
当初は、ぜルネ黒バド日ネクに雰囲気強そうなチョッキウインディを採用したが、耐久振り黒バドが怪しかったのでチョッキナットレイに変更。その後、ゼルネがほかの駒で何とかなりそうだったこと、黒バドが少ないこと、ラッキーの突破手段を増やしたいことなどを踏まえ、ボディプレス持ちのナットレイを採用した。ダイマックスしてもそこそこ強いのも評価ポイント。

 

  • できた並び

f:id:bluewhale_1998:20220201132312j:plain

 

  • コンセプト

・サンダーザシアンに対する安定行動でゲームを作る
・初手に出すポケモンで場を整え、後ろのアタッカーを対面的に展開して押し切る

 

  • 個別解説

f:id:bluewhale_1998:20220201132544p:plain

ムゲンダイナ@パワフルハーブ
性格:控え目
特性:プレッシャー
実数値:219(28)-x-116(4)-216(252+)-117(12)-177(212)
技構成:ダイマックス砲 / ヘドロ爆弾 / 火炎放射 / メテオビーム
調整意図:・火力意識でC特化 ・DL対策のB<D ・HAザシアン意識のS177

構築の始点。メテオビームが安定行動になりやすいのがこの型の良いところ。

サイクルを回すことを想定していない本構築においては技範囲を広げたほうが良いと思ったのでフルアタの構成。調整はテキトー。

一貫が取れれば目の前に通る技を打つだけで勝った試合もそこそこあった。

多分だけどメテオビーム打てる場面は温存せずに打っていい気がする。

 

f:id:bluewhale_1998:20220201134205p:plain
テッカグヤ@命の珠
性格:意地っ張り
特性:ビーストブースト
実数値:173(4)-168(252+)-123-x-121-113(252+)
技構成:空を飛ぶ / ヘビーボンバー / 岩雪崩 / 地震
調整意図:・AS振り切り

ムゲンダイナとの相性補完に優れるダイマックスエース。

特殊受けで止まるのが嫌だったので物理型。

技は、タイプ一致技2つに加えて、サンダーに打てる「岩雪崩」とザシアンに対する最大打点の「地震」の4つ。補助技が欲しいときもあったが、切れる技がない。

 

f:id:bluewhale_1998:20211231182950p:plain

ランドロス@気合の襷
性格:陽気
特性:威嚇
実数値:165(4)-197(252)-110-x-100-157(252+)
技構成:地震 / 岩石封じ / 自爆 / ステルスロック
調整意図:・カイオーガのスカーフ判定等を考慮し最速

初手に出してステロ撒くやつ。ガブリアスと迷ったが、裏にダイナがいるためウーラオスのケアを厚くする必要がないこと、ガブリアスがエースバーンに起点にされるとしんどいことを考慮してランドロス。サンダーの上から動けないことだけが少々気になった。

 

f:id:bluewhale_1998:20211129234825p:plain

サンダー@鋭い嘴
性格:臆病
特性:静電気
実数値:165-x-106(4)-177(252)-110-177(252+)
技構成:10万ボルト / 暴風 / 熱風 / 羽休め
調整意図:・CS振り切り

ドラパルトと撃ち合うことができ、ザシアンにも一貫する駒が欲しかったので使い慣れている嘴サンダーを採用。前期ほどは選出していないが、サンダーなので弱いはずはない。

 

f:id:bluewhale_1998:20210601094601p:plain

ミミッキュ@カムラのみ
性格:陽気
特性:化けの皮
実数値:132(12)-168(244)-100-x-125-162(252+)
技構成:じゃれつく / みがわり / のろい / いたみわけ
調整意図:・身代わり+呪いでカムラのみが発動

まさかの3期連続登板の初手要員2枚目。特定の伝説や受け寄りの構築を雑に荒らしてもらう役。そこそこやれるポケモンだが、このポケモンを採用するとアタッカーミミッキュを採用できないのがネック。

 

f:id:bluewhale_1998:20220201140843p:plain
ナットレイ@食べ残し
性格:呑気
特性:鉄のとげ
実数値:181(252)-114-201(252+)-x-137(4)-22(-)
技構成:ジャイロボール / 宿木の種 / ボディプレス / 鉄壁
調整意図:・HB振り切り ・最遅

ラッキーに大量のレートを献上したので最終日朝方に急遽召喚。ザシアンにちゃんと出せるのが偉い。最後数時間の採用なので語れることはあんまりない。

 

  • 選出

初手にミミッキュランドロスを置き、裏にそれ以外の4匹から2匹を選ぶのが基本。

一番左が初手。カッコ内は、左から選出が多かった順です。

・対ザシアン軸

ランドロス+ムゲンダイナ+(テッカグヤorサンダーorナットレイ

・対カイオーガ

ランドロス+ムゲンダイナ+(テッカグヤorサンダー)

・対イベルタル

ミミッキュ+ムゲンダイナ+(テッカグヤorサンダー)

・日食ネクロズマ

ミミッキュ+ムゲンダイナ+テッカグヤ

HBナットレイは採用して以降マッチングせずなので選出無

・黒バドレックス軸

ミミッキュ+ムゲンダイナ@1

@1は、チョッキナットやチョッキウインディを選出していたが、HBナットレイ採用以降は確かマッチングせず。

バドレックス以外にはムゲンダイナの通りがいいので頑張る。

・ムゲンダイナ軸

ミミッキュ+ムゲンダイナ+テッカグヤ

・ゼルネアス軸

ミミッキュ+ムゲンダイナ+テッカグヤ

ゼルネに積む隙を与えなければ意外といける。

・ジガルデ軸

ミミッキュ+ムゲンダイナ+テッカグヤ

多分有利寄りの構築だが、大体技外しとか2連痺れで捲られる。

 

  • 結果

TNポッター 

最高 191Xとか/250位

最終 1881/432位

 

  • おわりに

31日の22時頃に200番台につけられていたので、行けるかなと思ったけどダメだった。

正直運も悪い寄りだったが、上振れないと100位台とかには行けないのが実力。

 

ご覧いただきありがとうございました。

何かありましたら、コメントかTwitter(@bluewhale_1998)までお願いします。